放射線科

特徴及び診察内容

放射線科の診療業務としては各診療科から依頼されたCT、MRI、RIを中心とした画像検査の読影(画像所見を報告する)が主体となっています。週に一回は非常勤の放射線治療専門医による放射線治療の外来診察も行っています。また、当院では地域医療連携室を通してCT、MRI、RIの検査依頼も引き受けています。所見(レポート)については、翌日までには郵送いたしますが、至急な場合はFAXでも対応いたしております。

医師紹介

放射線科医長 大城 康二(おおしろ やすじ)