麻酔科

特徴及び診察内容

麻酔科では、患者様が安心して手術に臨めるように、周術期の全身管理を行います。術前には全身状態を評価し様々な手術における個々人に最適な麻酔の計画を立て、術中は血圧や呼吸の管理および除痛を行い安全に手術が行えるように管理し、術後には意識状態や全身状態の回復の度合いを評価し、疼痛管理も十分に行っていきます。不安や痛みなどあらゆる苦痛を軽減するように努めます。

医師紹介

麻酔科医師 高原 明子(たかはら さやこ)