禁煙外来



         

  当院では保険診療による禁煙治療を行っています!!  


  この機会に禁煙に踏み切ろうと思われている方、禁煙したいが今までできなかった方は、ぜひ、当院禁煙外来(内科外来)にご相談ください。医師・看護師が身体・精神的にサポートし禁煙のお手伝いを致します。

【保険診療の対象となるためには、次の3つの条件がすべて必要です。】
1.ニコチン依存症に係るスクリーニングテストでニコチン依存症と診断さ れた方。
  (来院時にスクリーニングテストを行います。)
2.1日喫煙本数 × 喫煙年数 が200以上であること。
3.直ちに禁煙することを希望し、禁煙治療を受けることを文章により同意すること。


《禁煙外来の受診方法》
予約方法
  事前にお電話にてご連絡ください。電話受付 月曜日〜金曜日 9:00〜15:00
診療日について
  初回診療日は毎週 月曜日〜金曜日 9:00〜12:00
  初回を含め5回(12週間)の禁煙診療を行います。
  2回目以降の禁煙診療日は、禁煙診療担当医とご相談いただきます。

《禁煙外来の診療》
初診時
  呼気一酸化炭素の説明、薬の説明(薬の種類、飲み方)、たばこを吸いたくなった時の対処方法について、患者さんからお話しを伺いながら説明します。次回診療についての説明もします。

再来時(2回目以降の診療)
  患者さんからお話しを伺い、血圧、腹囲、呼気一酸化炭素等の検査を行います。医師の診療と説明、お薬の処方があります。

《お薬の種類について》
飲み薬について
  「チャンピックス」
   ・最初の1週間は、たばこを吸う本数を減らしていきます。
   ・平均で6〜7日目からたばこを「吸いたい」という気持ちが低下してきます。
   ・たばこを吸ってもおいしく感じなくなります。

貼り薬について
  「ニコチンパッチ」というものがあります。
   ・1日1枚、身体に貼って使います。
   ・たばこを吸う本数に応じて貼るサイズを選びます。
   ・身体に貼って約20分程で効いてきます。
   ・貼り薬の大きさはだんだん小さいサイズに変えていきます。
   ・飲み薬及び貼り薬とも比較的副作用が少なく安心して使えます。

また、保険診療による5回の治療の間に禁煙治療を途中で中断・離脱した場合、初回から1年間は再度の保険診療の対象となりませんのでご注意ください。

                                   独立行政法人国立病院機構 沖縄病院
                                      098(898)2121 (内科外来)