大腸検査のご案内

大腸検査のご案内

当院は大腸カメラ等による消化器内視鏡検査を年間900件以上行っています。
当院大腸カメラは以下の2つの特徴があります。

1.内視鏡炭酸ガス送気装置で二酸化炭素を使用しています。
2.腸内への自動注水装置(お湯)を使用しています。

お湯を腸内に注入しながら大腸カメラを行うことで迅速で痛みのない内視鏡検査が可能になり、また、二酸化炭素を使用することで、患者さんの検査後の腹痛や腹部膨満感がとても軽減されています。
日本内視鏡学会専門医と消化器内視鏡技師の資格を持つ看護師が診療にあたっております。