診療情報室

診療情報室は、診療記録・診療情報を適切に管理、運用、保管し、情報活用の支援を行う部署です。
診療情報室では、診療記録の点検を行い精度の高い記録が保管できるよう管理するとともに、診療情報を効果的に集計・分析できるようICD-10(厚生労働省大臣官房統計情報編集発行による「疾病・傷病および死因統計分類」)による疾病コーディングを行っています。
 

診療情報室の業務について

診療情報室の業務は下記のとおりです。

 

診療記録の保管・管理業務

・入院診療録の管理・保管・貸出・返却・アリバイ管理
・入院診療録の量的点検(きちんと記録が書かれているか)
および質的点検(診療に基づいた記録がされているか)
・入院診療録の製本
・レントゲンフィルムや脳波などの保管・管理

 

診療情報の登録・集計分析業務

・国際疾病分類(ICD-10)による疾病コーディング
・外来疾病コーディング
・入院・退院情報の登録
・院内がん登録
・肺癌登録
・地域がん登録
 

その他業務

・診療情報データベースの構築
・各種業務システムの構築など

 

統計について

※現在準備中です。