リハビリテーション部門

リハビリテーション科について

施設基準

運動器リハビリテーション()    脳血管疾患等リハビリテーション()
呼吸器リハビリテーション()    障害児(者)リハビリテーション

   
理学療法室   作業療法室   言語療法室

 

スタッフ

理学療法士 : 5名
作業療法士 : 4名
言語聴覚士 : 1名 

   


診療内容

神経内科、呼吸器外科、呼吸器内科、整形外科からの指示により、リハビリテーションを実施しています。
 理学療法では、基本動作の訓練および改善、ADL訓練、痛みの軽減を図ります。作業療法では、筋ジストロフィーやパーキンソン病・筋萎縮性側索硬化症などの神経筋疾患の方々を中心に作業療法を提供しています。また、コミュニケーションに対する支援も行っています。言語聴覚療法では、言葉が出づらくなった方への言葉の訓練や食事で飲み込みづらくなった方等を対象に飲み込みの訓練を行っています。

対象疾患

神経内科
筋ジストロフィーやパーキンソン病・筋萎縮性側策硬化症などの神経筋疾患。

呼吸器外科
肺腫瘍を主とする胸部外科手術後。

呼吸器内科
COPDや結核後遺症などの慢性呼吸器疾患。