沖縄病院へのご寄付のお願い

ご寄付のお願い



 皆様、こんにちは。国立病院機構沖縄病院院長の川畑でございます。平素は沖縄病院の医療に格別なご理解を賜り、感謝申し上げます。当院は、昭和23年 (1948年)8月、現在の金武町の地に沖縄民政府公衆衛生部金武保養院として、沖縄で最初に開設された公立の結核療養所がその前身であります。その後、琉球政府創立に伴い琉球政府立金武保養院と改称、日本復帰に伴い国立療養所金武保養院に改称しました。さらに昭和53年12月に現在地の宜野湾市に移転し 国立療養所沖縄病院と改称、平成16年4月に独立行政法人への移行に伴い国立病院機構沖縄病院と改称し、現在に至っております。開設当初より結核診療の拠点として、宜野湾市に移転後は結核に代わって増加する一方の肺癌診療の中核として、また筋ジストロフィーをはじめとする神経・筋疾患の難病医療拠点病院として、一貫して沖縄県のセーフティーネットとしての役割(他の設立主体では困難な医療への取り組み)を支えて参りました。
 現在、築39年を経過して老朽化した病棟本館(神経内科・内科・外科・緩和・結核)を新築建て替え中です。手術室・リハ室も最新のものとなります。また 神経・筋疾患研究センターに加え、肺癌センターを設置し、難度の高い肺癌手術を含む最新の肺癌治療を行って参ります。
 ただし、神経難病の診断と最先端の治療、結核医療・肺癌の高度専門医療 (手術・化学療法・放射線治療・ステントなどの気管支内視鏡治療など)のほか臨床研究を行うにあたっては診療収入だけでは病院および臨床研究部の運営は非常に厳しくなっており、手術室の機器整備にも支障をきたしているのが現状です。平成16年4月の独立行政法人化になってからは国からの予算というものはなく、自己収入 (独立採算) で賄っております。
 つきましては、高度専門医療をご提供できるよう、また研究を更に活性化させるため皆様に広くご寄付をお願いする次第です。いただきましたご寄付は患者さんへの最新の医療の提供に役立てる医療機器の整備、経費として活用させていただく所存です。
 皆様には、ぜひともこの趣旨をご理解いただき、格段のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


国立病院機構沖縄病院 院長 川畑 勉

 

1.寄付金額

個人・法人とも1口の金額は定めておりません。

2.税制上の優遇措置について

当院への寄付金については「特定寄付金」として、所得税法等の規程による寄付金控除が受けられます。

  • 個人の場合 所得税法等の規定により、「寄付金控除」の取扱いができます。
  • 法人の場合 法人税法等の規定により、一般の寄付金の損金算入限度額とは別枠で損金算入限度額まで「損金」に算入することができます。
    詳しくは国税庁及びお住まいの県・市町村のホームページでご確認ください。

3.寄付のお申し込み、問い合わせ先

独立行政法人国立病院機構沖縄病院 管理課
電話 : 098-898-2121
住所 : 〒901-2214 沖縄県宜野湾市我如古3-20-14
E-mail : 626sy01@hosp.go.jp

4.参考

「独立行政法人国立病院機構寄付受入規程」及び「寄付申出書」