薬剤部門

研修施設認定

日本医療薬学会認定薬剤師制度研修施設
日本医療薬学会がん専門薬剤師認定制度研修施設
日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師認定制度研修施設
薬学生長期実務実習受入施設

スタッフ紹介

 氏名  役職  所属学会  資格・専門性
 山形 真一  薬剤科長  日本医療薬学会
 日本化学療法学会
 日本医療マネジメント学会
 日本薬物動態学会
 日本TDM学会
 日本医薬品安全性学会
 日本医療薬学会認定薬剤師
 日本医療薬学会指導薬剤師
 認定実務実習指導薬剤師
 薬物動態学、薬物代謝学
 特殊薬物動態時の投与設計
 医療安全
 上原 智博  副薬剤科長  日本静脈経腸栄養学会  NST専門療法士
 認定実務実習指導薬剤師
 一般医療薬学
 鈴木 寛人  主任  日本医療薬学会 
 日本臨床腫瘍薬学会
 日本化学療法学会
 日本静脈経腸栄養学会
 NST専門療法士
 認定実務実習指導薬剤師
 一般医療薬学、感染制御
 抗菌化学療法、緩和薬物療法
 築田 晃直  主任  日本医療薬学会
 日本臨床腫瘍薬学会
 日本緩和医療学会
 日本緩和医療薬学会
 外来がん治療認定薬剤師
 緩和薬物療法認定薬剤師
 日本糖尿病療養指導士
 一般医療薬学
 長谷部 步  薬剤師  日本医療薬学会  
 平田 亮介  薬剤師  日本医療薬学会  
 千田 祥子  薬剤師    スポーツファーマシスト
 中嶋 慎太郎  薬剤師    

 

院外処方せんについて

  当院では外来を受診された患者さんには、院外処方せんを発行し、患者さんご自宅又は勤務先の最寄りの「かかりつけ調剤薬局」で調剤していただいています。
 当院の案内・お支払い窓口のすぐ横に、地域の薬剤師会が開設している「院外処方せん相談窓口」では、患者さんの最寄りの調剤薬局をお探しするお手伝いを行っています。
  また、「院外処方せん相談窓口」では、当院受診時に受け取られた院外処方せんを、患者さんの「かかりつけ薬局」にファクシミリで送信するサービスを行なっています。これによって、患者さんが「かかりつけ薬局」での待ち時間を短縮することができます。
  いくつかの病院やクリニックに通われている患者さんには特に1ヶ所の「かかりつけ薬局」を決めていただき、それぞれの処方されたお薬の飲み合わせ、重複していないかなど、おくすりを安全に服用できるようにチェックをおこなってくれます。
  「かかりつけ薬局」は説明をよくしてくれる、信頼できる薬局を選びましょう。

 

調剤業務

  薬剤部門では、入院患者さんに処方されたおくすりの調剤を行っています。入院患者さんに適したかたちで工夫して調剤を行っています。

注射薬調剤業務

  医師が処方された注射処方せんをもとに、患者さん個人別に点滴・注射薬を準備して病棟に払いだします。また、くすりの内容・投与量・投与法・安定性・配合変化などの確認をして、必要に応じて処方医師に変更を求め、注射薬を安全に使われるようにチェックも行っています。

薬剤管理指導業務

  入院患者さんのベッドサイドに伺い、服用中のくすりや注射について飲み方・薬効・副作用等について説明を行い、おくすりをよく理解していただき、より安全で有効な治療を受けていただくための業務を行っています。

医薬品情報管理業務

  患者さん、医師・看護師等の医療スタッフからの医薬品に関するの問い合わせに対応し、必要な情報提供や、医薬品の安全性に関する情報の医薬品に関わる情報を収集して提供を行っています。

化学療法

  沖縄病院では平成17年4月から外来化学療法を安全でより快適な環境で受けられるように「外来治療室」の整備を行いました。薬剤科においては、患者さんの体重や身長、あるいは血液検査結果に基づいて、処方内容のチェックと必要な処方医師への確認を行う他、化学療法に用いられる薬を無菌的に調製し、患者さんが安全で適正な治療が行えるような体制となっています。
  薬剤師がくすりの副作用などの説明に伺いますのでご質問などありましたら、お気軽にご相談ください。

緩和医療チーム

  病気に対する不安や痛みなどの精神的身体的に悩まれる患者さんや、家族の皆さんに、患者さんの生活の質(QOL)の向上のために、医師、看護師、臨床心理士、栄養士そして薬剤師の各職種が協力しチームを編成して家族・患者を支援することを目的として平成16年8月より緩和ケアチームをスタートさせました。
  薬剤科のチームでの役割は、患者さんの情報・症状を的確に把握しお薬に関しての適切な対応に関して検討を行い、服薬指導を通して患者さんにおくすりをより理解していただく事です。