臨床研究について

 病院で患者さんが受けておられる治療は、現時点で最も良いと科学的に評価されている治療法が中心になっています。これらは、従来の治療法と新しい治療法(手術法、新薬など)を、比較し検証して得られた結果に基づいています。これらの根拠を得るために行われてきたのが臨床研究です。
 臨床研究では、研究計画にしたがって患者さんが治療を受けられ、医師はその治療法が患者さんにどのような効果をもたらすかを検討します。臨床研究は多くの患者さんのご理解と協力によって初めて成り立ちます。
 しかし、臨床研究では場合により患者さんに負担がかかったり、副作用などの危険性も考えられるため、どのような研究においても患者さんを守るための様々な工夫がされています。