スペシャリスト



診療看護師は大学院の修士課程を修了した看護師であり、医師不在時等においても迅速かつ安全な医療を提供できるよう、手順書に沿って、特定行為をはじめとする診療行為を行うことができる看護師です。
治療方針などを的確に理解し、治療と看護の両方の視点から患者・家族に関わることが出来るのも特徴です。沖縄病院の医療の質・安全性を担保して円滑な医療を提供することを目標に、医師ー看護師ー他職種と連携してチーム医療の質の向上に努めています。



患者や家族は病気と診断されることで、心や体だけでなく経済面や社会的な役割の喪失、病気になった意味などに向き合いたくさんのつらさを抱えます。そのつらさを、医師、看護師、薬剤師、栄養士、心理士、MSWと一緒に考え、患者や家族に寄り添い、つらさを緩和するためチームの一員として活動しています。治療に向き合う気持ちを支え、生活のしやすさを一緒に考えていくことが役割です。いつでもご相談ください。


がん患者の約半数以上は、何らかの痛みを抱えており、がん治療の過程では身体的な痛みのみならず、社会的・精神的・スピリチュアルといった様々な痛みを経験します。痛みを我慢することで、患者様やそのご家族のQOL(生活の質)が低下し、治療に対する意欲も無くなってきます。様々な痛みと向き合う患者様とそのご家族を支援し、少しでも痛みが和らぎ穏やかな日常が送れるように手助けするのが、がん性疼痛看護認定看護師の役割です。痛み治療について、いつでもご相談ください。


当院では、根治・緩和・予防など様々な目的で放射線治療が行われています。認定看護師として、外来・入院で放射線治療を受ける患者さんの診察の介助を行い、オリエンテーションやケアを通して、患者さんの不安の軽減に努めています。さらに、患者さん自身にも治療に参画していただき、副作用の早期発見ができるようにセルフケア指導も行っています。また、患者さんの治療目的を多職種で共有し、医療チーム全体で患者さんを支援する体制を構築するための調整の役割も担っています。


がん化学療法看護認定看護師の役割には、安心・安全・確実な投与管理は勿論のこと、がん化学療法を受ける患者さんとそのご家族の身体的・心理的・社会的な状況を包括的に理解し、安心して治療が受けられるように支援することです。治療による副作用については、最小限に抑えられる方法を患者さんやご家族と共に考え、自分らしい生活を過ごせるように支えていきます。患者さんやご家族のニーズに対応できるよう他職種で協働していきますので、いつでも気軽にお尋ねください。


皮膚・排泄ケア領域とは、W:創傷、O:ストーマ、C:コンチネンス(失禁)のケアの3領域を指します。健康を害した皮膚並びに皮膚障害のリスクの高い脆弱な皮膚に対するスキンケアを中心に、創傷管理や排泄ケアを行っています。皮膚状態や排泄の問題は患者さんのQOLにも大きく影響します。皮膚のトラブルや排泄の問題は入院中だけではありません。退院後も適切なケアが継続され、患者さんやご家族が安心して社会生活を送れるよう支援していきたいと思っております。


「食べること」は、栄養を摂取することだけでなく、美味しい楽しいといった満足感や幸福感を得る行為であり、生きる喜びや活力にもつながります。加齢や疾患により「食べること」が障害された患者様に対し、誤嚥や低栄養などのリスク管理と安全に美味しく楽しく食べるための支援を、多職種と協働し実践することが摂食・嚥下看護認定看護師の役割です。患者様の「食べたい」気持ちに寄り添い、摂食・嚥下障害に対する看護の質の向上に努めていきたいと思います。


院内では抗菌薬使用患者や血液培養陽性患者、耐性菌検出患者を対象に、医師・薬剤師・検査技師・看護師で構成された感染対策チームの一員として毎週院内ラウンドを行っています。認定看護師の役割の一つに「相談」があります。感染対策に関することでご相談がございましたら声をお掛けください。